ハウスキーパーとは?理解してより生活を楽に

ハウスキーパーとは、現在では女性家事使用人を指す言葉として使われていますが、本来はイギリス発祥の言葉で女主人の代行者のことです。料理人、小間使い以外の女性使用人全てを統括する上級職で、執事と同じく使用人としては最高位に位置していました。また、住宅、別荘、事務所の管理人を指す事もあります。ハウスキーパーの仕事内容は掃除、洗濯、アイロン掛け、片付け、模様替え、買い物、食事の準備などの家事全般に渡るものです。引っ越しの手伝いなども含まれます。休日は個別に決められ、実際に勤務のない日が休日になる不定休の仕事。募集されている年齢は大体20代前半〜60歳程度で、資格は特に必要なく家事の経験があり得意な方なら誰でも可能です。ハウスクリーニングやホテルなどでの仕事経験や、調理士、介護士、栄養士などの資格があれば更に採用されやすく、外国語が出来る方は歓迎されます。基本料金は大体1時間辺り2000円程度で、キャンセル時には違約金が発生。交通費や食費は雇用主の負担となります。1ヶ月辺り、スタッフ1名×3時間で週一回の場合20000円〜25000円程度、週3回で65000円程になります。ハウスキーパーは富裕層が利用するものという印象がありますが、共働きの家庭や病人、小さな子供のいる家庭には最適なサービスです。家計に余裕があるご家庭なら利用について検討してみてはいかがでしょう。

ホテルとお家のハウスキーパーの仕事内容について

ハウスキーパーの仕事は、ホテルでいうと客室の掃除係ということになります。前のお客様のごみの片づけやリネン、タオルの交換、そして、汚れた部分を掃除しベッドメイクをし、足りない備品を補充します。これに加えて、ホテルの備品の状態チェックもあります。例えば、壁についた傷だとか、カーペットのシミ、テレビの写り具合、家具類が壊れていないか、電球類が切れていないかなどあります。これらをチェックするのも、ハウスキーパーの仕事です。もし不具合を見つけたら、担当部署に修理の申し出をしなければなりません。また、お家のハウスキーパーもあります。依頼者に要請され、その家の洗濯、掃除、アイロンがけ、部屋の片づけ、お食事の準備など家事全般を担当する家事代行サービスです。たいていの場合、依頼者が忙しく家にいなかったりするので、お家に伺い、家事をこなすということが多いです。依頼を受けてから初めにヒアリングを行うので、どこをどのようにしてほしいのか言ってもらうときめ細かなサービスで対応してくれます。

ハウスキーパーで働く上での時給はどのくらいかについて

ハウスキーパーは、主に家庭における家事を補助・代行する業務を行う人のことです。以前は家政婦といったように女性の職業の一つとしても考えられてきましたが、近年は家庭内サービスを充実したい大手企業の進出により、次第に認知されてきたサービスです。家事には主に掃除・洗濯・炊事等が考えられますが、これらのことを一手に引き受けるサービスとしてその需要も高くなっています。特に忙しい独身男性サラリーマンや家事の手抜きをしたい主婦といった方の利用も増えています。その他に足腰を悪くした高齢者に代わって、そういった家事を提供するサービスも整備されています。最近では、ハウスキーパーの募集も盛んに行なわれており、正社員からアルバイト、パートまで幅広い待遇での募集も多くなっています。ハウスキーパーの時給については、基本的には1,000円を目途とした相場になっています。未経験者でも出来る作業内容も多く、家事の補助・代行も出来ますので、家事が好きな人にとっては自由に働きやすい魅力があります。、働き方もフルタイムで働いたり、パートで働いたりと働くスタイルも基本的に自由の場合が多いです。その分、時給が安くなっている点がありますが、利用者が利用しやすくなってきているのも事実です。

ハウスキーパー協会に掃除を頼むことについて

近年ではスチームモップなどの高性能な掃除家電が増えてきましたが、それでも掃除が苦手な人はたくさんいると思います。主婦でも掃除が一番嫌だと感じている人は少なくないものです。しかし掃除が出来ていない家というのは、印象も悪くしてしまいます。自分ではどうしても限界だという人は、ハウスキーパー協会にお願いするという方法があります。実際に利用している人もいるのではないでしょうか。お願いしたいけど、どこに頼んだらいいのか。そんなときにはハウスキーパー協会に紹介してもらいましょう。一年に一度の大掃除のときなどには、ハウスキーパー協会を利用している人も増えているようです。プロですから、新品のようにきれいにしてもらえます。もちろん信用もありますので、他の人に利用していることを知られることもありません。もしかしてと、物がなくなる心配もないです。自分の家に入られて掃除されるというのは、いくら業者でも心配なところがあると思います。しかし毎日休まず家事をがんばっている自分にご褒美として、たまの利用だったらいいのではないでしょうか。

注目を集めるハウスキーパーですが、必要な資格とは?

ハウスキーパーは家事代行のサービスを行う人の総称で、家事代行サービスを利用する人が増え、注目を集めている職業です。ハウスキーパーという仕事を行うために必要な資格は特にありません。ただ通常家事を行っている主婦や主夫に代わって家事全般を行うため、家事の経験がある人や家事が得意な人が適任といえます。またハウスキーパーとしての業務を行うために、ハウスクリーニングやホテル等での仕事経験や、調理士、介護士、栄養士などの資格を持っていると、有能なハウスキーパーとして働くことができるでしょう。さらにお仕事をするのは日本人のお宅だけとは限らないので、外国語ができる方なら、より高い給与で働くことも可能になります。仕事をする上でいちばん大切なのは、常にご利用者の立場に立って、お手伝いさせていただくという心がけです。言い換えれば「気配り」ということになると思いますが、ちょっとした心がけ次第で、ハウスキーバーの仕事の質を向上させることは可能なのです。ハウスキーパーの仕事は奥行きが深く、ここまで出来ればいいといったゴールが見えない仕事ですが、それだけにやりがいのある仕事といえるでしょう。

いつも清潔なホテルの客室。ホテルのハウスキーパーのお仕事。

ホテルのハウスキーパーの仕事は、基本的には、客室をお掃除して、お客様を快適におもてなしすることです。大概、宿泊を終えたお客様がホテルを後にした後、お掃除に入るのですが、冷蔵庫の中や、ベッドの下まで、きちんとチェックをして、もし忘れ物がある場合は、フロントで保管していてくれます。ゴミ箱に入っていない限り、形あるものは、「お忘れ物」として、保管されますので、必ずゴミはゴミ箱へ捨てておくと、キーパーさんは迷わなくて済みます。また、連泊される場合も、大抵のホテルでは、ホテルのハウスキーパーが清掃に入りますので、もし、自分が留守の間に、入室されたくない場合や、外出せず、部屋で休んでいるときは、フロントに話しておくのが無難です。ホテルのハウスキーパーさんに対してのエチケットとして、自宅とは違うのですから、下着などの他人に見られたくないものはきちんとしまっておくことをおすすめします。物を置いておく場所も出来ればクロゼットにしまい、ベッドの上は何も置いておかないことがベストです。ベッドメイクする際に障害物が無い方が、早くベッドメイクができます。これらのエチケットを知っているだけで、ハウスキーパーは、快く掃除をしてくれて、さらには、早く済ませられる分手抜きなく綺麗にしてくれるはずです。

Copyright © ハウスキーパーの謎に迫る All rights reserved